青汁は赤ちゃんが摂取しても大丈夫なの?

さて本日は青汁は赤ちゃんが摂取しても大丈夫なのかと言うお話をさせていただきます。

青汁と言えば大人が普段の食生活、おもに野菜不足を改善したりダイエット目的で摂取する物だと言う印象がありますので、青汁を赤ちゃんに飲ますなんて持っての他だと言う意見が真っ当だと思う肩が殆どだと思いますが、実はそんなことはないのです。

赤ちゃんにはカフェインなどの成分に注意

まずどこの家の母親も我が子が健康に育って欲しいと願うのは当たり前のことです。また純粋に野菜100%で作られている青汁は赤ちゃんに与えても大丈夫なのです。

ただ気を付けないといけないのが麦芽糖や砂糖、抹茶、緑茶などのカフェインを成分にしている青汁につきましては赤ちゃんには控えたほうが良いでしょう。

また、たまに青汁に甘味を付けるためにはちみつが入っている青汁がありますが、赤ちゃんはまだ免疫が弱いのでごく稀にポツリヌス感染症を引き起こしてしまう場合がありますので気をつけた方が良いでしょう。

そして青汁を離乳食と混ぜて赤ちゃんに取り入れることも非常に良いアイテムとなりますし、何よりもまだ好き嫌いのない内に野菜嫌いを無くす良い機会とも言えるでしょう。

離乳食に青汁を混ぜるレシピ

赤ちゃんに対して青汁を与えることは問題がないことはご理解をいただいたかと思いますが、でもせっかくなら赤ちゃんにも青汁を美味しく食べて欲しいものです。

そこで幾つかの離乳食に青汁を混ぜるレシピをご説明いたします。忙しいお母さんたちにとって一番手間がかからない方法と致しましては、市販の離乳食に青汁スプーン1杯若しくは2杯混ぜて食べさせる方法です。

また少し手間がかかっても良いと言う場合には『和風青汁粥』と致しましてお茶碗の1/3程度のご飯と鰹節で取った薄めの出汁100mlを炊いてお粥を作ります。

そして食べる前にスプーン一杯の青汁を入れて食べれば青汁本来の青臭さが鰹節風味で無くなってまろやかに美味しく食べることができます。

このように赤ちゃんに青汁を食べさせる時には幾つかのメニューを知っておくと良いでしょう。